読書

読書 · 25日 10月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物はお客さんから頂いた「薔薇の名前(下)」です。 字が小さくて読めないから読んでくれと託されましたが、まぁ何とも難しい内容でした。 恋愛ものだった?!と聞かれたのですが…全然違うし(笑) 1300年代のカトリック系の修道院で起こる事件、要はサスペンス物ですね。...
読書 · 30日 9月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物は「薔薇の名前(上)」にしました。 お客さんからプレゼントされた一冊です♪ これは最初に、読ませる気があるのかと思う程難しかったです。 これから読書始めようという人にこの本を渡したら、一撃で嫌いになりそう(笑) 1300年代のカトリック修道院で起きた怪事件をテーマにした小説です。...
読書 · 03日 9月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 先月の読み物は平野啓一郎さんの「本心」にしました。 20年後の日本で「自分死」をテーマにした物語です。 自然死でも自殺でも無く「自分死」 自分の人生に「十分」だと感じる、僕もそう言う死生観があるので分かるなと思いながら読みました。...
読書 · 31日 7月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物は澤田瞳子さんの「星落ちて、なお」にしました。 今回の直木賞作品です、澤田さんの作品は前回「火定」に続いて2作目となります。 前回も文章や言葉が難しく、読んで疲れる内容だったのですが。 今回の作品も…読み終わってグッタリでした(笑) 時代背景は明治から大正にかけての実在の絵師を取り上げております。...
読書 · 25日 6月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物は辻村深月さんの「琥珀の夏」にしました。 辻村さんの本はこれで3冊目、一体どうしたらこういう内容が思いつくのでしょう?! かつてカルト集団として批判された団地の敷地から子供の遺体が発見される。 弁護士の主人公は自分の知る少女なのではないかと考える。 幼き日の友情と隠された扉とは。...
読書 · 28日 5月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物は原田マハさんの「リボルバー」にしました。 オークション会社に「ゴッホにまつわるという品」が持ち込まれた事から、物語が進行していきます♪ その品物は本物なのか…どうして彼女の所に依頼主は持ち込んだのか?! (d゚ω゚d)オゥイェー♪ 原田マハさんの本は…これで3冊目♪...
読書 · 30日 4月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物は青山美智子さんの「お探し物は図書室まで」にしました。 帯の「お探し物は本ですか?人生ですか?」というフレーズに惹かれました♪ ( ̄ー ̄)bグッ!! 僕も40歳から「言葉の組み立て力と言葉数を増やす為」に始めた読書習慣でしたが。 この本を読んで「むしろ読書に救われてきた」と思いました。...
読書 · 22日 3月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物は西條奈加さんの「心淋し川」にしました♪ 江戸の片隅で懸命に生きる人達の喜怒哀楽が詰まった物語です。 分からない言葉も多く、辞書で意味を調べながら読んでいきました。 これはこれで、勉強になります♪ 「誰の心にも淀みはある、物事は流した方が楽なのに、物寂しく溜め込んでしまう。それが人というもの」...
読書 · 17日 2月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物は町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」にしました。 親として・また愛されて育てられてきた息子からすると…現実として信じられない重たーい内容です。 (; ̄Д ̄)なんじゃと? ずーっと家族からの搾取・虐待など重いテーマが展開されていきます。...
読書 · 15日 1月 2021
さかいアスリート鍼灸院です。 今月の読み物は藤岡陽子さんの「きのうのオレンジ」にしました。 33歳でガンを告知された青年と彼を取り巻く家族や友人の想いの物語です。 ドキュメンタリーを見ている様な構成となっていて、先が気になって読み急ぐのでは無く「粛々とページを読み進めていく」感じで読み終えました。...

さらに表示する