@体調管理をどう考えるべきか♪
 Aメンテナンスは今では無く「先の為」に♪
 B効率良く身体を変えるなら筋トレが一番♪
 Cプリン体を制限しても痛風には関係ない!?
 D頑張る事では無く、取り組む事の大事さ
 Eテーピングを簡単に考えましょう♪
 Fリンパって何ですか!?
 <体調管理をどう考えるべきか♪>

さて、体調管理の考え方としてのアドバイス。。。
(・_☆)・‥…━━━★キュピーン!

どんなに忙しくても・・・
歯磨きやシャンプーを欠かす人はいないです。

でも何故か身体だけは・・・
「忙しさ」を理由に放っておきがちになります。

そして頻度で考えていくと、歯は1日に何回使いますか?!
髪の毛に至っては、使うことすらありません。

では・・・身体は?!
そこに「痛みの要因」が隠れていると思います♪

 <メンテナンスは今では無く、先の為に♪>

先日「メンテナンスは必要か!?」と聞かれました。
そうですね、個人的には大事な事だと思いますし
定期的なメンテナンスはお勧めしております。

でも強制させる事でもありませんし、個人の考え方に
お任せしております。

ただ一つ考え方の参考にして頂けると良いかなと
思う事なのですが。。。

若い人は30点の身体・使い方でも・・・
「80点」位の健康状態でいられます。

でも年齢を重ねていくと、80点の使い方でも・・・
「30点」位の健康状態になる事もある訳です。

日常生活を横着せずに活動出来る体格・生活習慣を
「50点」と基準にした場合。

今大丈夫だと思う「素質」に一生の保障はありませんし、
大丈夫では無くなった時の「後手後手」感は大変です。
<(゜ロ゜;)>ノォオオオオオ!!

そういう方を見る機会が仕事上多いですし、
心配だなと思う方も結構いらっしゃいます(^▽^;)

まだ大丈夫よりも「ずっと大丈夫」でいる為に♪
そういう部分も大事に考えて頂けると嬉しいです。

 <効率良く身体を変えるなら筋トレが一番♪>

さて、良く「筋トレ」についてご質問を頂きます。
興味はあっても何気にハードルが高いみたいですね。

どうしても「筋トレ=ムキムキ」というイメージが
先行してしまうみたいです。

大丈夫です、そんな簡単にムキムキにはなれません。
(*- -)(*_ _)ペコリ

毎回限界まで追い込むトレーニングを数年にも
渡って行なわなければ、あんな身体にはなれないのです。

トレーニングについて理解して欲しい事は「2つ」
@筋肉を意識して使う事(神経伝達を良くする)
要は「今からこの筋肉を動かします」といって行なう
事が、筋トレです♪

人間の生活は「筋肉運動」ですが、意識して動かす事は
まずありません。

それを「意識して使わせる」事で、日常の動きにおいて
全ての「力の入り方・動かし方」の効率が良くなります♪

A筋肉はエンジン、排気量を上げる・・・です。
筋肉は車でいえば「エンジン」ですし、筋肉が「発熱」
しますよ♪

筋肉の排気量が上がれば、食べた物の「消費する効率」や
同じ様に動いても「消費量が変わる」という事です。

特別な事は無く「同じ生活」をしているのに・・・
体重が落ちたり・疲れにくくなったりしたら!?

・・・最高じゃないですか!?
d(*-*)b イエイ

ご興味のある方はお気軽に仰って下さいね♪
うちは会員制ではありませんので、どなたでも♪

 <プリン体を制限しても痛風には関係ない!?>

さて、良く「痛風」についてご質問を頂きます。
「プリン体&尿酸」は良く聞くワードですよね♪

でもこの「プリン体&尿酸」って何か分かりますか!?
「悪だと決めつけて」いないでしょうか!?
(^・ω・^).....ンニュニュ?

実はプリン体と言うものは「細胞の核」を構成する
「主成分の一つ」になる大事な存在です♪

しかもプリン体の体内生産量の80%以上は
体内で作られると考えられており、そうやって考えると!?

「プリン体を含む食べ物」を気にしても尿酸値はさほど変わらず、
体内で合成されるプリン体の方が圧倒的に多いという事です。

確かにプリン体から尿酸が作られて、それが結晶化して
痛風にはなるのですが。

その結晶化と言うものは「汗が乾いて塩分が結晶化する」
のと同じで、血液中に尿酸が大量排出されて溶けなくなった
場合に起こります。

それに尿酸値が高くなる事は問題があると思いますが、
尿酸自体は「抗酸化」という重要な役割がありますよ♪

本来尿酸の生産&排出はバランスが取れている訳ですので、
単純にプリン体を気にした食事を考えるよりも!?

「何故そのバランスが崩されたのか」を考えた方が
近道だと思いませんか♪

因みに食事から摂取したプリン体は腸で分解され
「そのまま排出される」と言う事が分かっています。

その部分から考えるとプリン体を「簡単に悪玉」と考えず、
「適正な体重・食生活・活動」でストレスの少ない生活環境を
整えていった方が♪

痛風予防に対しては早道だと言えそうです( ̄▽ ̄)b グッ!
一つの考え方の参考にお願いします。
 <頑張る事では無く、取り組む事の大事さ♪>

さて良くお客様との会話の中で・・・
「頑張るではなく、取り組む意識が大事」という話になります♪

人生で難しい事は「継続させる」事。
何事においても頑張るという時点で「無理が生じて」いますし、
モチベーションの維持は難しく継続出来る方は少ないです。

僕は大事な事は「取り組む・打ち込む」事だと考えています。
その差は「結果or過程」だと思います。

頑張ると考えている人は「一つの結果」しか見てない事が
多いと思いますが。

打ち込んでいる人は「結果が一つでは無い」という事に
気付くと思います。

「その結果すら一つの過程に過ぎない」という事が分かれば、
結果が無ければ頑張れないなんて事は無いという事に繋がる
のだと考えています。

良く「今は大会にも出ていないのに、何故頑張れるのか?!」
と聞かれますが。

「自分がまだ進化・深化出来ると思うから」です(笑)
「大会が無ければ頑張れない」なんて事は無いのですよ。

僕だって・・・
18歳でトレーニング始めた時には「モテたい」と思い。
次に「ベンチ100キロ挙げたい」と思い。
次に「コンテストに出てみたい」と思い。
今は「当たり前に日々101%追い込む」生活です♪

僕は自分が頑張っているなんて思った事は、仕事でも
トレーニングでもありません(笑)

取り組んでいく中で強度や意識・目的が形を変えていく
のが普通だと思いますよ♪

逆に今の僕が当時の僕に「こうなりたかったらこれをやれ」
と今のトレーニングをさせたら続く事は無かったと思います。

ダイエットが難しい、筋肉が付きにくいなど結果が出なくて
悩んでいる方はぜひ諦めないで欲しいと思います。

取り組んで・突き詰めて・実践していく事が大事です♪

素質の低い僕がここまで来られたのは
ただ諦めずに継続して来た」だけなのですから♪

結果ではなく過程が大事と言っている訳ではありませんよ(笑)

過程を見ずに結果が欲しいなんて事は!?
「基礎をやらずに応用をやりたい」と言っているのと同じ
だと思うのです♪

 <テーピングを簡単に考えましょう♪>

さて良くテーピングを施す機会がありますが、
僕は本人や親御さんに説明しながら貼っております。

どこを痛めていて、どの動きに痛みが出ていて。
その動きをサポートする為に、どう貼るのか。。。

良く思う事は・・・
「テーピングを難しく考えすぎていないですか!?」
と言う事です。

聞くと「説明はされていない」と言う事と、
極めて芸術的に貼られすぎてしまい!?

「テーピングへのハードルが上がってしまっている」
方が多いです、そんな難しく考える事じゃないんです。
( -.-) =зフウー

例えば捻挫した時に捻って痛めたのであれば・・・
「捻る動きだけ制限すれば良い」と思うのです。

ガッチガチに固定される事で・・・
「大丈夫な動きまで制限をかけてしまう」事になりますし。

それがかえって不自然な動きに繋がってしまう事が
多いと思うのです。

テーピングはサポート&保護させる物♪
説明しながら貼ると「そういう考え方で良いんだ♪」
と言われます、難しいテクニックじゃないんです。

昔ジムでトレーニングしていてスタッフさんに
肉離れした方の処置を頼まれた事があるのですが。
(・・*)。。oO(何故!?)

その時に
@どこに痛みがあって
Aどういう筋肉の走行をしていて
Bどう貼ればそこを最大緩和出来るのか
という事を見ていた方々に説明しながら貼った事が(^▽^;)

本人の動きの不安を軽減させるのがテーピングで、
芸術的に貼る事が大事では無いのです♪

 <リンパって何ですか!?>

さて、良く女性からご質問頂く事があるのですが。
「リンパ」について。

リンパって・・・なにか分かりますか!?
「何か分からないけど腫れる場所」だと思って
いないですか!?

流れを良くすると良いという位だから・・・
「身体にとって必要な栄養」といったイメージ?!

それに冷静に考えて見ると!?
何かあったらすぐに腫れる危険性のある場所を
良く「グリグリ出来るな」と思いませんか(^▽^;)

リンパというのは超簡単に言ってしまうと。
静脈の「第2ルート」になります。

心臓から「動脈」を通って全身に搬送された血液が、
全身から「静脈」を通って心臓に戻される訳ですが。

「大きめの老廃物」などはリンパ管という
別ルートを通って、最終的に静脈に合流します。

そのリンパ管は心臓に近づくたびに他からのリンパ管と
合流し、そこを「リンパ節」と呼びます。

そのリンパ節こそ、良く皆さんが「美容」と称して
グリグリマッサージするポイントになります。
(顎・鎖骨・鼠径部など)

リンパ管で老廃物を心臓に戻していきますが、
途中のリンパ節で「老廃物をろ過・処理」し、なるべく
浄化された状態で心臓に戻す設計になっています。

それが処理しきれなくなった場合に、炎症が起こって
「腫れたりする」という事になります。

リンパと言うものは非常に役割が大事ですので、
良くグリグリマッサージされたという話を聞きますが。

それによって炎症を起こす事も大いに考えられますので、
施術される方の医学的知識・経験が大事です♪

個人的には「美容にリンパ」も良いですけど・・・
結局「循環の問題」ですから、運動もしましょう♪
d(*-*)b イエイ


トップページに戻る